猫🐱と家庭菜園🌱と腰痛人間🙋‍♂️ 

保護猫の『ミー太郎』くん、『レオ』くんの何気ない日常を発信していくブログです。 自由気ままな猫を見て、少しでも癒されたら幸いです。

ミートロと申します。
保護猫の『ミー太郎』くん、『レオ』くんの何気ない日常を発信していくブログです。
また、最近始めた家庭菜園の話しや、腰痛持ちの筆者ミートロの日常もときどき紹介できればなと思います。

自由気ままな猫を見て、少しでも癒されたら幸いです。

日常

玉ねぎ栽培 その6

初めての方、いつも見にきてくださる方、当ブログに来ていただきありがとうございます♪

今回は家庭菜園の話です。

久しぶりの玉ねぎ栽培ブログですが、とうとう畑に定植することにしました。

IMG_7930

今回は中生種のネオアースを定植します。

IMG_7931

ちょっと太めになってしまった苗もあるので、とう立ちが心配ですがとりあえず正常な苗は全部定植していきます。

ちなみに畑に定植するときに苗の先端をカットして長さを揃えています。カットする方としない方がいるので正直どちらでも良いと思いますが、私的には定植しやすいのと、新しい葉が出てきやすいという理由でやっています。

IMG_7932

こちらは去年の玉ねぎ栽培で使用した資材なのですが、玉ねぎを定植する際に竹炭を一緒に撒くと活着しやすいということで今年も使用します。竹炭を使用した苗と使用しない苗の違いは比較していませんので分かりませんが、保険的な感じで・・・w

IMG_7933

セルトレイから取り出した玉ねぎの苗。

IMG_7934

水で土を落とした玉ねぎの苗。根も白くしっかり生えています。

IMG_7935

その苗を穴あきマルチに投入!

IMG_7936

ちなみにこちらが先ほどの資材で玉葱竹炭です。
一株につき一つまみ程度撒きます。

IMG_7937

最後に覆土しますが、玉ねぎの苗の深植えは厳禁です。
深植えをしてしまうと結球時にうまく丸くなりません。
目安としては・・・

IMG_7934

苗の下の白い部分が半分ほど隠れるくらいです。

IMG_7938

最後に灌水して、乾燥防止としてもみ殻をまぶしておきます。

防寒対策はまだしませんが、のちほどやりますのでその様子も紹介します。

※このブログでは紹介しませんでしたが、晩生種のラッキー、奥州も後日定植しました。


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!


前回の玉ねぎブログは↓から飛べますので良ければどうぞ!

玉ねぎブログその5


そら豆栽培 その2

めての方、いつも見にきてくださる方、当ブログに来ていただきありがとうございます♪

今回は家庭菜園の話です。

約一か月ぶりのそら豆栽培の話しですが、先日チェックしに行ってみると・・・

IMG_7919

陵西一寸が無事に発芽していました。

IMG_7920

一寸そらまめもしっかり発芽しています。
全体的に発芽率は良かったと思います。恐らく100%だと思います・・・。

IMG_7921

ズームバージョン。
綺麗な緑色の本葉が出てきています。

ちなみにですが・・・
発芽が若干遅れたのですが、その原因がありましたので、ここで共有?したいと思います。

それは天候なのですが・・・
植え付けした後に長く晴れており、水が不足しており発芽障害となっていました。播種後1週間くらいで発芽してくれるはずでしたが、なかなか発芽せず。土も乾いていたので水を与えた途端、どんどん発芽してくれました。
水は本当に大切なので乾いているなと思ったら水揚げをしっかりした方が良いと思います。

あまり成長してしまうと越冬に支障が出てしまうということで、なかなか調整が難しいですが、出来るだけ成り行きでやっていきたいと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

前回のそら豆栽培ブログは↓から飛べますので良ければどうぞ!

そら豆栽培その1


紫セニョール栽培 その6

初めての方、いつも見にきてくださる方、当ブログに来ていただきありがとうございます♪

今回は家庭菜園の話です。

紫セニョールの成長日記ですが、続報となります!

IMG_7916

まず初めに、防虫ネットがバチコーン!と剥がれています。
恐らくセニョールの成長に伴って押しのけたんだと思います。
お強いセニョールさん。

IMG_7917

やっと?花蕾が出てきました。
これが出てきたということは、花蕾を収穫してどんどん脇芽が出てくる時期ということ。

茎ブロッコリーという名前でも知られている通り、茎も美味しく食べられる野菜です。
IMG_7918

チェックしていると小さい脇芽が出てきているセニョール発見!

花蕾を収穫した後にどんどん伸びてきて、3月くらいまで収穫し続けることが出来るといわれているので存分に楽しめそう。

次回は花蕾を収穫して食してみようと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

前回の紫セニョールブログは↓から飛べますので良ければどうぞ!

紫セニョールその5




ニンニク栽培 その3

初めての方、いつも見にきてくださる方、当ブログに来ていただきありがとうございます♪

今回は家庭菜園の話です。

前回から日が短いですが、ニンニクの成長を記録していきます。


IMG_7912

前回から1週間くらい経った後のニンニクたちです。
かなり成長しています。

IMG_7913

一番大きくなっているニンニクの苗は4枚目の葉が出てきました。

ニンニク栽培でのポイントは、本格的な冬が来る前に葉が4枚はそろっていた方が良いとのことです。

というのも、これから冬本番の季節となってきますが、その間は葉の成長がいったん鈍くなります。
そうなると新しい葉が出てくるのが2,3月の暖かくなり始めるころになってくると思うのですが、そうなると収穫時のニンニクが小さめに出来てしまいます。

その前にできるだけ葉を大きく育てて、冬の間は葉から根へ栄養を与えることが大切であり、そうすることでニンニクを大きく育たせることが出来るのです。

本格的な冬といってもアバウトだと思うので、私的には霜がほぼ毎日のように降りてくるくらいを目安としています。
私が住んでいるところでは12月に入るとほぼ毎日霜が降ってくるのでそれまでには揃えたいのですが・・・

自然と生物の相手だと思い通りにならないと思います。
ということで、次回(11月下旬ごろ予定)はニンニク栽培に限らず、露地栽培で保温しながら栽培する方法を紹介したいと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

前回のニンニク栽培の話しは↓から飛べますので良ければどうぞ!

ニンニク栽培その2

大根栽培 その4

初めての方、いつも見にきてくださる方、当ブログに来ていただきありがとうございます♪

今回は家庭菜園の話です。

1か月半ぶりの大根の様子ですが、どうなっているのでしょうか。
早速もみじスティックから!

IMG_7894

大きな葉に成長しています。
一時期は小さいままだったので栽培失敗かと思われましたが、ここまで成長してくれました。

IMG_7895

大小あるもののしっかり育っています。

IMG_7896

顔を出し始めました。
赤紫みたいな綺麗な色をしています。
これが大根の中でも甘いとのこと。

IMG_7897

続いて耐病総太りの青首大根。
防虫ネットいっぱいに葉が拡がっています。

ちょっと成長しすぎかな・・・。

IMG_7898

こちらの大根も顔を出しています。
若干土寄せした方が良いのか悩みますが、順調には育っているので良かったです。

もみじスティックは11月下旬ごろ収穫で、耐病総太りは12月中に収穫ができると思いますので、その様子もお送りできればと思います。


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

前回の大根ブログは↓から飛べますので良ければどうぞ!

大根栽培その3


プロフィール

ミートロ

はじめまして、ミートロと申します。
このブログでは、保護猫の『ミー太郎』くん、『レオ』くんの日常を発信していきます。
特にこれと言って秀でてない凡人と凡猫ですが、皆様に少しでも癒しをお届けできればなと思います。

よろしくお願いします🙇‍♂️

スポンサードリンク