保護猫の『ミー太郎』くん、『レオ』くんの何気ない日常を発信していくブログです。 自由気ままな猫を見て、少しでも癒されたら幸いです。

ミートロと申します。
保護猫の『ミー太郎』くん、『レオ』くんの何気ない日常を発信していくブログです。
また、最近始めた家庭菜園の話しや、腰痛持ちの筆者ミートロの日常もときどき紹介できればなと思います。

自由気ままな猫を見て、少しでも癒されたら幸いです。

丹波黒大豆栽培 その2

初めての方、いつも見にきてくださる方、当ブログに来ていただきありがとうございます♪

今回は家庭菜園の話です。

この前黒豆の種を蒔いてから3日後くらいでしょうか・・・。

無事に発芽してくれました!


IMG_5997

発芽率80%といったところでしょうか。
まずまずの出来だと思います。

上下の写真は発芽してから3日目くらいに撮ったものでもう本葉が出てきています。

IMG_5998

綺麗な色をしています。
ちなみにですが・・・
水のあげすぎには注意しながら、発芽まで朝一回与えていました。発芽してからは2日に1回ほどにして、1日で土が乾いてしまうようなら毎朝あげるようにしています。


丹波黒大豆の栽培は11月~12月まで続きますので、熱い夏を無事に乗り切ってほしいところ。

近々畑に定植する予定ですのでその模様は次回の丹波黒大豆栽培のブログで紹介したいと思います。

昨年のリベンジはなんとか果たせましたので、ここからは初栽培ということでしっかり育てていきたいと思います。


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!


前回の丹波黒大豆栽培のブログは↓にありますので良ければ見てください。

丹波黒大豆栽培その1


ジャガイモ栽培 その11 最終回

初めての方、いつも見にきてくださる方、当ブログに来ていただきありがとうございます♪

今回は家庭菜園の話です。

3月くらいから栽培していたジャガイモも今回で最終回を迎えます。
栽培期間は約90日ということで、収穫にはちょうどいい時期となりました。

さっそくジャガイモ畑へレッツゴー。

IMG_5952

枯れっ枯れでございます。
しっかりと栄養がジャガイモに行っていればいいのですが・・・。

IMG_5953

これはマルチを剥がしやすくするために、あえて短く切っています。こうすることでスムーズに片づけることができます。

IMG_5954

マルチを剥がし終わったので、早速メインの収穫作業へ!
ちなみにジャガイモ栽培のブログを見ていただいた方は分かると思いますが、今回は全部で6種類栽培してみました。
向かって右側の畝から掘っていきます。

IMG_5955

まず初めに「とうや」です。
男爵系なので丸く大きな芋になっています。
大きさはイマイチ分かりづらいですが、15㎝ほどの大きさでした。なかなかの上物だと思います。

IMG_5956

こんな感じで根がしっかりしていて芋が千切れない株は良い株ということみたいです。(種イモが腐らず残っていると良いという話もあります。)

IMG_5957

続いてこちらは「十勝こがね」になります。
とうやほどの大きさはありませんでしたが、こちらも綺麗な芋が収穫できました。
男爵とメークインの中間みたいな形でした。

IMG_5958

こちらは「ピルカ」になります。
完全にメークイン系の芋になりますので、煮物系に使えそうです。
直径は大きいもので20㎝超えもありました。

IMG_5959

こちらは「インカのひとみ」です。
かなり希少な芋で、皮の色が赤みを帯びています。
これは6種類の中で唯一色付きだったので目立ちました。

ちなみにこれが一番大きかった芋で、他は一口サイズの小物ばかりでした・・・。


IMG_5960

こちらは「インカのひとみ」です。
こちらも希少な芋で、インカのめざめ同様、栗のような甘い味がするみたいです。
本来はこの品種も小ぶりという話だったのですが、垂直栽培のお陰かこのくらいの芋が沢山収穫できました。
ちなみに垂直栽培していない芋は小ぶりで個数も少なかったですので、垂直栽培はかなり良い栽培方法かもしれません。

IMG_5961

最後は「ホッカイコガネ」です。
こちらもメークイン系の形をしていて、ピルカほどではありませんが大ぶりの芋でした。

IMG_5962

こんな感じでワッサワサなっていました。

ここからは総集編です。
サラッと6種類の写真をどうぞ。

IMG_5963

IMG_5964

IMG_5965

IMG_5966

IMG_5967

IMG_5968

IMG_5969

このその他は、芽かきをやった苗を植えてみたものです。
芽かきした苗からもしっかりジャガイモが出来ました。

IMG_5970

綺麗に収穫できました。

収穫量が一番多かったのは「とうや」で、3㎏の種イモから約60㎏のジャガイモが収穫できました。

ありがとうや!


これは後日談ですが・・・

友人と共同で栽培していたジャガイモ(とうや)も先日収穫してみて違いを確認してみたところ・・・

収穫量は自宅の方が約3倍ほど良かったです。
調理しやすくて食べやすい大きさは友人共同の方が多かったかもしれませんが、大きさと個数は段違いでした。

ちなみに友人の方は種芋10㎏に対して収穫した芋はコンテナカゴ4つ分で、自宅は種芋3㎏に対してコンテナカゴ3つ分でした。

やはり手間暇かけて作った方が作物は良く育つということで実証できた良い栽培だったと思います。

個人的には追肥と酢酸カルシウム、芽かきをしたため収穫量が上がったのではないかと思っています。(とうやでの垂直栽培はしていません。)

次回以降の作物栽培に生かしていきたいと思っています。


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!


前回のジャガイモブログは↓から見れますので良ければどうぞ!

ジャガイモ栽培その9












ミートロ散歩👣 その6 珍しい鳥出現!

初めての方、いつも見にきてくださる方、当ブログに来ていただきありがとうございます♪

今回はダイエットの話です。

今回ご紹介する散歩コースは田園地帯です。
ってのは当初の予定だったのですが、なんと今回は珍しい鳥を撮影できたのでそちらをご紹介。

いつも通り散歩していた時のこと。自宅の田んぼ道を歩いていたその時・・・

IMG_5944

キジを発見しました!
野生のキジだと思うのですが、なかなかお目に掛かれない鳥なので思わず撮ってしまいました。

IMG_5947

今はもう何も作っていない田んぼですが、まさかそこでお目に掛かれるとは思ってもみませんでした。

その後このキジは端っこに移動して休んでいました。邪魔しては悪いのでそのまま散歩を続行。

実はキジを撮った近くに綺麗な花が咲いていたのでそちらもパシャリ。

IMG_5945

花木のようなものなのでしょうか・・・。
詳しくはないので分かりませんが、薄いピンク色で綺麗でした。

森林浴をしながらの散歩はなかなか乙なものなのでこれからもここのコースはリピートしていきたいと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!


前回の散歩ブログはこちらからどうぞ!

怠慢ニャルソック

初めての方、いつも見にきてくださる方、当ブログに来ていただきありがとうございます♪

今回はミー太郎君とレオ君の話です。

今日はたまたま朝早く起きたので、朝の猫の行動を見ていきたいと思います。

まずはミー太郎君。


IMG_5941

朝ご飯を食べた後は休憩ということで親の布団の上で休んでいます。
満足そうな顔をしています。

レオくんも食後はどこかでゆっくり休んでいるのでしょう。探してみます。


・・・お、ミー太郎君タワーにいました。


IMG_5942

なんということでしょう。食後なのに仕事に勤しんでいます。
これはニャルソックの鑑といっても過言ではありません。

その後ミー太郎君とじゃれ合った後、レオ君のところに戻ろうとしたときのこと。


・・・あれ??

IMG_5943

ものの5分くらいで寝ておりました・・・。
先ほど褒めたばかりなのに・・・こりゃ撤回ですねw

しかし猫ってこんなに早く寝れるものなのか。
早起きしすぎて、しかも満腹になったので眠くなってしまったんだと思いますが、この変わりように思わず笑ってしまったミートロでした。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!



玉ねぎ栽培 その8 最終回

初めての方、いつも見にきてくださる方、当ブログに来ていただきありがとうございます♪

今回は家庭菜園の話です。

本日で恐らく最終回となる玉ねぎ栽培。
シリーズ8まで続きました。

今回の内容は収穫した玉ねぎの保存方法を書いていきます。

まずはしっかりと風通しのいい日陰で乾燥させます。

IMG_5930

このような形で葉もパリパリと音が鳴るようになったら十分に乾燥しています。

IMG_5931

集めてみるとこれだけの量になりました。
早速保存するために処理をするのですが、葉と根っこを切り取ります。

IMG_5932

葉の方は後々縛るので15㎝ほど残して切った方が良いです。
自分は短く切り過ぎたので縛る時に大変でした。

IMG_5933

早速縛っていきます。

IMG_5934

まずは茎の部分をこのようにクロスさせます。

IMG_5935

今回は麻ひもを使用しますが、ヒモであればなんでも大丈夫です。
このように二重にしておきます。

IMG_5936

写真では分かりづらいですが、茎を囲むように一周してわっかの中にひもを通します。
そのままひもを引いて縛るときっちり締まります。

IMG_5937

こんな感じにしっかり縛られているので玉ねぎは落ちません。

これを軒下など風通りの良い日陰で保存していきます。
私の育てた玉ねぎは中生種なので約半年は保存できます。

今回は玉ねぎ栽培の最終回ということでしたが、後ほど定植から収穫までの総集編を書いていきたいので、そちらも良ければ見ていただけると幸いです。


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

前回の玉ねぎブログは↓からどうぞ。

玉ねぎ栽培その7



プロフィール

ミートロ

はじめまして、ミートロと申します。
このブログでは、保護猫の『ミー太郎』くん、『レオ』くんの日常を発信していきます。
特にこれと言って秀でてない凡人と凡猫ですが、皆様に少しでも癒しをお届けできればなと思います。

よろしくお願いします🙇‍♂️

スポンサードリンク